DESSERT

甘口で
<< 韓国の美意識 | TOP | 万能クリーム >>
リンパドレナージュと疲れ
0

    人間の身体が疲れを訴えるのは、体内に疲労物質と呼ばれる成分が蓄積していくからですが、この疲労物質は、たとえば、有酸素運動を一定時間行うようなことで発生する乳酸です。

    走り続ける体内に乳酸が溜まり、疲労を覚えます。

    そんな疲労物質は、所謂「老廃物」として体内に蓄積していき、これがしっかりと流れずに溜まっていくと、単なる一時的な疲れだけではなく、慢性的な疲労感につながっていき、倦怠感やだるさにもつながります。

    よって、いかに疲れを溜めないかという感じのことが、体調管理の重要点でもあるんです。

    疲労物質が溜まりやすい状態というのは、血管やリンパ管が収縮している状態で、この状況に陥る要因は、実はストレスだったりするのです。
    精神的な負担がかかったような状態だと、血管やリンパ管は収縮してしまいます。

    そうなると、当たり前そこを流れる血液やリンパ液は流れにくくなってしまいます。

    血液やリンパ液は、脂物を多く摂取するとドロドロになるというのは著名な話ですが、ドロドロの状態だと更に流れにくくなり、血管やリンパ管の至るところで溜まってしまいます。

    こうしたことから、疲れの要因はストレスや食事にもあるといえるんです。

    こういった状況の改善は、リンパドレナージュの「二重構造」で行います。

    まず、血管とリンパ管の改善で、リンパ節のある鎖骨上部や首、顔回りを重点的にマッサージし、収縮した管を拡張させます。

    また、リンパドレナージュによりストレスを緩和され、このことについても回復が期待できるでしょう。

    美容 | 15:47 | author cosmebjk | - | - | - | - |